ニュースリリース

東京都が発行した「企業が進める社員のボランティア活動に関する事例集」に紹介されました


東京都が発行した「企業が進める社員のボランティア活動に関する事例集」に、富士ゼロックスの社会貢献活動が4ページにわたり紹介され、なかでも当社と関連会社で働く有志が給与や賞与の端数(100円未満)を積み立てさまざまな貢献活動を行う「富士ゼロックス株式会社 端数倶楽部」の取り組みが大きく取り上げられました!

2018_kigyo_volunteer.jpg

社員のボランティア活動を積極的に進めている企業9社の事例の中の1社。取り組みの経緯や社員を巻き込む工夫や仕組みなどが紹介されています。

当社の従業員が自主運営するボランティア組織、端数倶楽部は発足27年。「一人ひとりの成長の実感と喜びの実現」をめざす中で、活動に参加する従業員の自発性向上とともに、会社組織の活性化にもつながり、多くの企業からもベンチマークされるほどに育っています。

東京都は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を機に、ボランティア活動が文化として定着することを目指し、さまざまな施策を実施しています。都民のボランティア行動者率(過去1年間にボランティア活動に参加した10歳以上の都民の割合)40%の目標達成に向けた取り組みの一環としてこの事例集は作成されました。

当社の取り組みが、皆さまがボランティア活動を進める上でご参考になれば幸いです。
以下から、ぜひご覧ください!

・東京都生活文化局:「企業が進める社員のボランティア活動に関する事例集」(PDF)
・富士ゼロックス公式サイト:当社の地域社会への取り組み

投稿日:

ニュースカテゴリー


年別バックナンバー