活動報告

「南足柄自然観察会キャンプ」活動報告


 ■ 開催日:  8月26日(土)~27日(日)
 ■ 天候:   曇り一時小雨 雷
 ■ 参加人数: 8人(端数会員 6名 その家族2名)
 ■ 開催場所: 箱根明神ヶ岳周辺及び足柄森林公園丸太の森

■ 26日午前10時に『大雄山 最乗寺』の門前に集まり、OB会員の方から草花の名前や特徴などの説明を聞きながら、自然観察会を兼ねて明神ヶ岳の見晴らし台を目指して歩きました。
途中、雷に会うなどのハプニングはあったもののかなりハードな道のりを怪我もなく無事に下山することができました。


dragon0.jpgのサムネイル画像
■ 午後は御当地ヒーローとして社会貢献活動を続ける『双嵐龍(ソーランドラゴン)』(http://tam-p.jp/sohrandragon/)のパフォーマンスやPCを使った活動状況の説明を受け、アジアの子供たちに渡してもらう為、皆で持ち寄った鉛筆やノートをお渡ししました。

かまどの火を囲んで雑談をしながら、飯盒でご飯を炊きカレーライスを作りました。
暗闇の林を懐中電灯ひとつで星座観察をしたりして、のんびりとした自然に囲まれた時間を過ごしました。

◆ 参加者アンケートより ◆

  • 一口に社会貢献といっても色々なアプローチの仕方があることがわかった。
  • 午前中の自然観察会がかなりハードだった。『自然観察会』というより本格的な『登山』だった。
  • 開催日が夏休み最終週だったので、時期をずらしたほうが子供の参加につながると思う。
  • カレーがおいしかった。

◆ 後記 ◆

参加者のみなさんのご協力もあり無事にイベントを終えることができました。
メインイベントがいくつもあり、密度の濃い反面詰め込み過ぎたような気がしています。
遅れた方への対応や、協力団体とのつなぎ等も臨機応変に対応することが多く、徹底した準備が必要だと思いました。

今回の経験を活かし、これからもご家族揃って自然と触れ合えるイベントを企画していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿日:

ニュースカテゴリー


年別バックナンバー